忍者ブログ
ONE-WAY管理人 yakkoの気まぐれブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]


シカゴ美術館がリニューアルに伴い、所蔵作品5万点以上が

ダウンロードができるってすごくないですか!

しかも、自由に作品を改変、再利用することができるんです。

ダウンロードサイトこちら


早速、葛飾北斎をダウンロードしてみました。

何をしたいかって?

Prismaという加工アプリで遊んでみたかった。

△Prisma

Prismaとは人口知能とニューラル・ネットワーク使い、プロの画家が描いたような

画像が作れるアプリ。

他の加工アプリとどう違うんだ?

ってことなんですが

・他の加工アプリはフィルターを乗っけて画像を作る。

・Prismaは写真を一から作り直して画像を作る。

まぁー見た目、他のアプリと変わらないっちゃ変わらない(笑)


例えばこの葛飾北斎の絵

【原画】


これを色々加工してみた。



爽やか風


モノクロ風



渋めに



コミック風


自分好みの絵画に仕上げられて楽しいですよね!

年賀状なんかにも使えそうなので、色々とダウンロードしてみよう。



PR

Adobe Photoshopを使う方法は3つあります。

  1. Photoshop単体で¥2180/月
  2. フォトプラン ¥980/月 (Photoshop、LightroomCC、Lightroom Classic)
  3. コンプリートプラン¥4980/月(全てのCC製品)
まず一目でお得なのは、コンプリートプランですよね。

あれだけの数のアプリが使えてこの値段は絶対にお得!

でも、 Photoshopだけ使いたいんだよね〜

という方にはコンプリートプランは、もはや宝の持ち腐れになる可能性が。


では①と②で比べてみると

①はPhotoshop単体では¥2180

②は Photoshop、LightroomCC、Lightroom Classicの3つで¥980

なんでフォトプランは3つで¥980なのに、 Photoshop単体で¥2180もするんだよー

高すぎるだろーと思ってしまうのは私だけでしょうか。。。

違いはというと、 Photoshop単体はストレージ容量が100GBで

プレミアムフォントが使えるっていうことだけです。


フォトプランはストレージ容量は20GB(オプションで10TBまで可能)で

プレミアムフォントが使えないだけ。

デザイナーとかで、バリバリ Photoshopを使ってフォントも必要って人以外は

通常のフォントで十分事足りると思うんですよね。


写真もローカルでパソコンやHDDに保存ではなく、絶対にクラウドに

って人以外は、そんなに気にならないと思うんですよ。

今はクラウドがメインになりつつあるので、考え方には個人差がありますが。


とにかく安く Photoshopを使いたいPhotoshop初心者さんには

このフォトプランがお得だと思います。

Lightroomいらないんだけど!って人でも写真編集には便利なので

使ってみるといいかもですね。






Adobeアフェリエイトプログラムにはディープリンクという

とても便利な機能があります。




*ディープリンクとは*
通常アドビストアのトップページに遷移されます。ディープリンク機能を使うと
アドビストアのトップページ以外の特定のコンテンツ に遷移させることができます。
(Adobeマニュアルより)

要はAdobeのトップページではなく自分の好きな場所へリンクが貼れる機能です。

例えば、自分の写真を使いAdobe Stockの自分のポートフォリオに

リンクを飛ばすことが出来ます。

こんな感じで。





色々ググってもまだあまり情報が少なく、これが正解?

と思いつつ自己流でやってみました


○ディープリンクの作り方○

1. アフェリエイトプログラムにログイン

2.ディープリンク作成ボタンを押す



3.リンク先のURLを貼る


ターゲットURLのところにリンクしたいURLを入力


4.ブログの画像にリンクさせる

まずブログで画像挿入をする。

HTML編集でリンク先を取得したコードに置き換える

これでディープリンクの完成です!



まずは登録枚数を増やさなくてわ(๑˃̵ᴗ˂̵)




Adobe creative cloudが2019にバージョンアップしました。

とりあえずPhotoshopとIllustratorをアップグレートしようと思ったら。。。

なんと、エラーが⁉︎


自分のPC環境はiMac 2010mid,MacOSX El capital

アップグレートには最低MacOS X Sierraが必要らしい。

うん。そうだよね。。。

いつまでもEl capital なんか使ってんじゃねーよーって言われてる感じ(汗)

・Mac本体が古いこともあり最新バージョンには対応していないこと。

・PhotoshopCS5を使うにはEl capitalが必要だということ。

この2点が引っかかっていていつまでもアップしないでいた私。

別にそれでも不便なかったし。


だけどAdobe creative cloud2019は絶対に使いたい!

というわけで、MacOS X Sierraに。


で、またここで問題が!

え⁈ PhotoshopCS5が使えない⁉︎



こんな表示が出てきてPhotoshopCS5が起動しない。。。



Photoshop最新バージョンとは別にCS5が必要な理由は

超アナログな旦那がCCを使いたがらない。。。

いつまでCS5にこだわってんだか知らないけど、CS5が使いやすいと。

確かに分かるけど…


どうしたもんかと色々探してみると、こちらのブログにhttp://doratex.hatenablog.jp/entry/20160921/1474401468

Sierra環境でCS5が使えるって書いてあるのを発見!

これは助かるじゃないかぁ!!

早速、実行してみると

やったー!!

無事Photoshop、illustratorともCS5を起動させることができました。

これでアナログ旦那も喜ぶだろうな(笑)







でもね単体で2000円ちょっと払うのはもったいなくないですか?


(今ならキャンペーン中で¥3980)が絶対にお得ですよね。






謎が解けた!



赤枠で囲んだ4番のところ

「キャッシュ防止を使用する」のチェックマークを外すとリンクが貼れました。

なんとも初歩的なことに気づかなかったけど、結果オーライでよし!


というわけで、こんな感じで貼れました。
Adobe creative cloudが11/2まで20%OFFキャンペーンをやっているので

初めて購入される方は、この時期に購入するとお得です!









スポンサー
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
Yakko
HP:
自己紹介:
・好奇心のかたまり。
・とにかく気になったことはやってみる。
・好きなことには100%
・写真好き
・米粉パン好き
写真素材検索
「高画質デジタルデータ」を探すなら「PIXTA」がおすすめ!

写真素材 PIXTA
Adobeツール
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]